使い道と処分

日々の生活をしていると紙袋はたまる一方ですよね。
なんとなくいずれ使うような気がして汚れていたり濡れてしわしわにでもならない限りとりあえずとっておいてしまいます。
しかしながら紙袋がたまり良すぎて案外部屋のスペースを取ってしまっている事ってありませんか。
何かに使うためにとっておいた紙袋が逆に部屋のスペースを取ってしまうのは本末転倒ですよね。
私は紙袋を保管する場所とスペースをあらかじめ決めておきます。
そうすると紙袋が収納できなくなりますがそうなった段階で整理するようにしています。
紙袋は色々なサイズやデザインがありますよね。
ですので何に使うのにも中途半端なものや極端に小さかったり大きかったりするものは処分します。
そういうものはなかなか用途がないからたまるわけですのでこの際処分してしまって、また何かの際の買い物などで使われてたら取っておけばよいのです。
同様にデザインや色が好みでないものも処分します。
ブランド店などの紙袋は丈夫で長持ちするのでそういう使い勝手の良いものは逆に捨てずにとっておきます。
処分する紙袋も単に捨てるのではなく一時的なゴミ箱代わりにして一杯になったらゴミと一緒に処分します。
お部屋を綺麗に保つためにも紙袋の保存と処分は適宜行うのが良いでしょう。

いろいろな紙袋がありますね

普段生活している中で紙袋ってたくさんありますよね。
その中でも種類が意外にもたくさんあるのって気づいていますでしょうか?まずショップの紙袋、お土産物屋さんやデパートの紙袋、セメントや飼料を入れている大きな袋も紙袋があるし、米の玄米を入れたりする大きな袋も紙袋だったりします。
言われてみればそうだなって感じですが、実にいろいろなところで紙袋は使われていますね。
私自身なんでかはよくわかりませんが、紙袋が好きでいろいろな種類のものが家にありました。
米袋もありました。
30kgが入れられるものや1合を入れる特注の小さな紙袋なんかは確か試作品ということで珍しいものだったので大事にしていました。
またショップの袋も色とりどりに集めていましたね。
大きなもの小さなもの素材が珍しいものなど。
気に入っているものは普段サブバックとして使ったりなんかして、活用していました。
今は増えすぎてしまったのでお気に入りだけを残し大半を処分してしまいましたが…。
でもこれからも珍しいものを見かけたらキープしてしまうと思います(笑)